下松市はなおかペットクリニック
ペットたちの声を聞き、買い主さんに伝える努力をしています。
HOME>>>院内紹介
院内紹介

■ 待合室

■ 診察室
院長の体に合わせて
広めにしてあります。


■ レントゲン室 ■ 心電計
子猫から、大型犬まで
撮影可能な高出力の
レントゲン装置です。

また、麻酔の必要な
造影検査なども
この部屋で行うことが
できるようになっています。
今までも動物用の
解析装置のついた
心電計を使用して
いましたが、
よりフィルターが優秀で
取りやすい心電計を
導入しました。


■ 検査室 ■ 入院室
血球の測定や生化学
(血糖値や肝臓・腎臓など内科的な血液検査)
検査、尿検査、糞便検査
などを行います。
入院中の動物たちの状態が
常に確認できるよう、
あえて病院の中心に
入院室を設置してあります。

ガラス張りにすることに
よって、どの角度から
でも室内の確認が
できるようにしてあります。


■ PKシステム(血管シーリングシステム)
この装置は組織内の血管を糸でしばることなく、専用の鉗子(写真にある器具)ではさんで
電気的に発生する熱により組織融合(くっつける)することが可能な機器です。
このシステムを使用することで臓器や腫瘍(しゅよう)摘出時の出血量を抑えられ、
手術時間の大幅な短縮をはかれます。
さらに、まれに遭遇する手術用の縫合糸に反応して肉芽腫(しこり)を形成する
ケースなどは、その発生を防ぐことができます。


■ エコー ■ 手術室
腹部などを超音波で
診断します。
また心臓などを
カラードップラーで
検査し、血流などを
検査します。
手術中は、心電波形監視、
動脈血酸素飽和度監視は
もちろんのこと、
血圧、呼吸数、直腸温、
終末呼気二酸化炭素濃度、
吸入麻酔薬濃度を
監視し続け、より安全な
手術を実施しています。 

また手術には、電気メスを
PKシステム(血管シーリングシステム)を導入し、
最小限の出血での
手術が可能になっています。



Copyright (C) HANAOKA Petclinic. All Rights Reserved.