下松市はなおかペットクリニック
ペットたちの声を聞き、買い主さんに伝える努力をしています。
HOME>>>診療方針

はじめまして。はなおかペットクリニック院長の兼重です。

 近年、ペット達はコンパニオンアニマル(伴侶動物)とも呼ばれ、
家族の一員として生活している子達が当たり前になっています。
 小さな命でもその子が家族の中にいるだけで親子や夫婦、兄弟の中に笑いや会話が生まれ、
私たちの心や生活に潤いを与えてくれる重要な役目をしてくれています。

ただ、家族の一員でありながら動物たちは、会話ができません。
そのことが、治療にあたって、私たち病院スタッフはもちろん飼い主様を悩ませる原因になることが少なくありません。
 当院では物言えぬ動物たちが病気になった時、治療、予防はもちろん、飼い主様へのインフォームドコンセントにより、
ご家族の皆様の悩みや不安も取り除いてあげることができればと考えています。

当院では、以下の3点を大事にして、飼い主様と動物たちの生活が幸せに満ちたものになるようお手伝いできればと考えています。


私たち人間同様、どうぶつ達も体に悪い生活習慣を続けていると病気になりやすくなります。
だからこそ、皆様のお話の中で気づいた体によくない生活習慣に対して指摘をさせていただくことがあります。
毎日の小さな積み重ねが、病気を遠ざけるのです。

どうぶつ達の寿命は私もあなたも、そして動物も命ある限りいつか終の時を迎える宿命にあります。
宿命とはいえ家族の一員である動物の終の時は、図りきれない想いがあると思います。
そして、その時により、飼主様が心の病(ペットロス)にかかってしまうことを軽減したいと思っております。
生まれてから共に生活するうえでの予防や治療は勿論、終わりを迎える際、そしてその後のサポートも私達は大切にしたいのです。
「チーム医療」という言葉を聞くと、病院スタッフ内での治療に対する姿勢と思われがちです。
しかし治療をよりよい形で進めていくには、
飼主様と病院がチームになることが一番大切ではないでしょうか?
飼い主様こそが動物たちにとっての一番の理解者になれるのです。
チームとして治療を始める際、まず
どういう治療をするかの選択は飼主様のお気持ちを大切にしています。
そして、私達の持てる知識や技術・経験をすべて生かし、全力で病気と立ち向います。
その力を最大限発揮するために、
検査結果や治療方針を飼主様に包み隠さずお伝えします。
例え、つらい結果であっても全てを知って頂き、動物の事を一番知っている飼主様も病気と向き合うことも
真のチーム医療であると考えております
診察内容だけでなく、どうぶつと暮らす上での疑問や不安を払拭する事も
インフォームドコンセント(納得診療)であると思います。
その為に、何でも話しやすい環境、そして聞きたいときに行きやすい病院を目指しています。

このたび、日曜・祝日の診療を開始しました。
動物病院の業界では人間のように「公立の総合病院」がありませんから、休日診療所はほとんど見当たりません。
都会の、人材に恵まれた地域では救急病院を探すことも難しくないですが、
地方では個々の獣医師が自分の休日を削って休日診療にあたっているのが現状です。

開業当初から、少しずつ診療日を増やしてきましたが、
この度スタッフ増員につき日曜・祝日の診療をスタートすることができました。

通いやすい病院を目指す理由
更に、通いやすい病院である事は病気の早期発見の可能性を高めます。
動物にとっても人間にとっても病気を治療することは心身に大きな負担をもたらします。
その負担を軽減する為に、早期発見早期治療を実践するため様々な健康チェックをご提案しています




Copyright (C) HANAOKA Petclinic. All Rights Reserved.